妊娠線は作りたくない!効果的な予防法は?

妊娠線とは、おなかが急激に大きくなることによって皮膚がその伸びについていけなくなり、真皮や皮下組織の一部が断裂して起こるものです。でき方は人それぞれで、お腹がスイカのようにシマシマになってしまったり、太ももやふくらはぎの方まで線が走ってしまう人もいます。
お腹の皮膚は、お腹が大きくなってきてもある程度は伸びるのですが、真皮や皮下組織などは皮膚ほど柔軟性がないために断裂してしまいます。原因はそれだけでなく、妊娠中はホルモンバランスの関係で肌のターンオーバーが抑制されてしまい、肌の再生力も弱くなっています。このため、真皮などの奥の方の皮膚にダメージが来たときに即座に再生することができず、跡として残ってしまうという部分もあります。
よく言えばママの勲章ともいえるこの断裂跡ですが、女性ならできれば作りたくないと思うものです。妊娠線を作らない、またはなるべく軽度のものにとどめる予防法はないのでしょうか?

妊娠線の予防には、なんと言っても保湿が第一です。
保湿をして肌を柔らかくしておくことで、お腹の成長に皮膚がついていきやすくなります。通常の保湿クリームなどでも効果が望める場合がありますが、より効果的なのはやはり専用のクリームやオイルです。一般的な保湿クリームよりも保湿力が高いのはもちろん、皮膚の柔軟性を高めてくれる成分も入っています。
お腹が大きくなってきてからのケアはもちろんですが、理想としては妊娠が発覚した妊娠初期から、お肌のケアをしておきたいところです。乾燥肌の方は特に、お腹の成長についていける柔らかい皮膚になるには少し時間がかかります。お腹が目立ってくる時期に間に合うように、妊娠初期からのケアをおすすめします。
もちろん、お肌の保湿には毎日のケアが大切です。クリームやオイルをケチらず、たっぷりと使って保湿しましょう。専用のクリームやオイルではコスパが気になるということであれば、通常の保湿クリームをたっぷり使った方が効果的な人もいます。毎日使うものということをよく考えてケア用品を選ぶとよいでしょう。お腹だけでなく、太ももやふくらはぎ、バスト、わき、二の腕、おしりなど、脂肪がつきやすい部分は抜かりなく保湿しておくと安心です。

また、跡ができやすい人の特徴として、体重の急激な増加があったという点が挙げられます。
特に体重が12kg以上増加した人は、お腹の大きさもその分大きく、ほかの部分にも脂肪がついていることになりますので、妊娠線ができやすいということになります。逆に、体重増加が8kg以内の人はほとんどできていないというデータもあります。
脂肪がついていると何故よくないかというと、脂肪は柔軟性がありませんので、皮下脂肪がついてしまうとそのまま断裂してしまいやすくなるためです。
最近では産婦人科の方でも体重についての指導が厳しいところもあり、出産にあたって体重の管理はとても重要なポイントでもあります。安産のためにも、作りたくない妊娠線を予防するためにも、体重の管理は必要なことと言えます。
体重管理や脂肪をつけないためには運動が効果的ですが、妊娠中は激しい運動ができません。そこでおすすめなのがウォーキングなどの軽い運動です。
軽い運動であれば無理なく取り入れられますし、運動をして体力をつけることは、お産を乗り切るためにも、またその後の育児のためにも有効です。更に、出産後の体の回復も早まるので、体力をつけておくことは妊娠線予防だけでなく、出産育児においていいことずくめなのです。お肌にシマシマを作りたくないというだけでなく、様々な面から運動をすることは大変メリットのあることと言えます。ピンクゼリー
Copyright (c) 2014 妊娠線は作りたくない!効果的な予防法は? All rights reserved.

メニュー